(東)葉月場所ワンダー番付表(西)H30年7月1日〜31日
溝口浩
森中俊弥
千葉宏樹
矢田裕子
宗和知江
土井秀紀
小西奈美
山崎裕司
細川直美
永富照章
浅川隆
新藤加世
小森淑子
和泉清子
佐々木薫
尾車
MDK
まんま
まんま
格子柄組
トワイライト
下茶屋
大石組
下茶屋
下茶屋
ドンファン
石津
女子会
乙女座
かおるん
横綱
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
日生下安弘

千葉良子
川添美智子
宗和雅之
上硲昌紀

増田峯子
坂上靖
斉藤敏規
今井ふみよし
関山松子
西田昌美
足立浩
稲川幸代
コブクロ

まんま
コブクロ
格子柄組
セブンスター

カナレイカ
みちのく
きゃっする
大甲濱
女子会
阪神
どすこい
さち
溝口関、追いつ追われつの白熱したシーソーゲームを制して5連勝!部屋数:下茶屋まんまが3名輩出で同率1位(8月)
溝口関(尾車部屋)前半はライバルと追いつ追われつの白熱したシーソーゲームを繰り広げてきたが、後半はペースを
掴んで攻めまくった。今場所も100点は1つだったが350pointを取得して熱い闘いを制した。これで春場所から5連勝。
日生下関(コブクロ部屋)ベストコンディションで挑んだ今場所は100点5つ、99点13回、98点15回出すなど226point取得
して輝かしい成績を残したが、最大のライバルが出場回数で上回って彼の行く手を阻んだ。よって西の正横綱に留まる。
森中関(MDK部屋)新採点機と相性が合うのか高得点を連発。気をよくして久しぶりに横綱を目指し、その公約を果たす。
千葉宏関(まんま部屋)今場所は珍しく2日の出場。その結果自己最多の31.2pointを取得して堂々の大関の筆頭になる。
千葉良関(まんま部屋)2日出場で持てる力を全開してチャレンジ!自己最多となる21.1pointを取得して大関に返り咲く。
矢田関(まんま部屋)その気になれば横綱になれるが、最近は会話が主体に。それでも20.1pointを取得し大関はキープ。
川添関(コブクロ部屋)今場所も出場回数を増やしバイタリティのある歌唱を披露。19pointを取得し51回目の大関になる。
宗和知関(格子柄組)成人になり父娘のカラオケ・デートで、素晴らしい歌唱を発揮。父親を越す成績を残し初の関脇に。
宗和雅関(格子柄組)目の覚める様な歌唱力で周囲を魅了。娘さんには僅差で負けるも2月以来7回目の関脇になった。
土井関(トワイライト部屋)いつもながらのマイナーな曲でチャレンジして高得点を取得。8.1pointで16度目の関脇に復帰。
上硲関( セブンスター部屋)3月に初入幕してから力を付けて高得点を出す様になった。6point取得して初の関脇になる。
小西関(下茶屋部屋)5月に初出場し4場所目となるが大関2回、関脇1回の実力者。今場所はたった2曲で関脇を取得。
今場所は横綱3、大関4、関脇5、小結2、前頭14の計28名。
部屋数:下茶屋が3名を輩出して4場所連続1位。まんまも3名で3場所連続1位になった。
(東)長月場所ワンダー番付表(西)H30年8月1日〜31日
日生下安弘
森中俊弥
矢田裕子
千葉宏樹
土井秀紀
千葉良子
石橋宏一
石橋香織
水田勝彦
盛田清美
山本翔太
小野和美
中田良之
山口康子
コブクロ
MDK
まんま
まんま
トワイライト
まんま
りんどう
りんどう
トオル
まるはん
カープ
ひまわり
あさがお
やすこ
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
溝口浩
増田峯子
川添美智子
秦淳子
秦将輝

佐々和代
浅川隆
今井ふみよし
脇元美穂子
古川紀子
西田昌美
中田朝子
藤井彰人
尾車
カナレイカ
コブクロ
大甲濱
大甲濱

大甲濱
ドンファン
大甲濱
みなみ
きっこ
阪神
あさがお
カープ
日生下関、最良の調子で挑んで自己最多得点を叩きだし6ケ月ぶりに優勝!部屋数:大甲濱4名で1位まんま3名で2位(9月)
日生下関(コブクロ部屋)ベストコンディションの彼は増々新しい採点機に相性が合い、今場所は100点12回、99点10回、
98点15回出すなど自己新記録の326pointを取得して如月場所以来6か月ぶりに賜杯を手にした。これで5回目の優勝。
溝口関(尾車部屋)序盤は108ポpointを出し今場所も優勝をするかと思われたが、10日目に僅かながら逆転された。それ
でも踏ん張って逆転して終盤までリード。普段なら千秋楽に追い込みをかけるが今回は欠場。それが響き逆転を許した。
森中関(MDK部屋)先場所、横綱になり上り調子で出場初日に10pointを取得。だが後の攻めが甘く30point止まりで大関。
増田関(カナレイカ部屋)2日の出場ながら申し分のない歌唱で22.1pointを取得。6月以来3か月ぶりに大関に返り咲いた。
矢田関(まんま部屋)最近はトークが多く唄う機会が減少した。それでも高得点を出し21pointを取得して大関の座を獲得。
川添関(コブクロ部屋)気負いが無く自然体で臨んで17.1pointを取得した。これで3場所連続、52回目の大関を射止めた。
千葉宏関(まんま部屋)当番付けも板についてきてエネルギッシュな歌唱で16pointを取得。3月以来6場所連続の大関に。
秦淳関(大甲濱)新採点機と抜群に相性が合い高得点を連発、自身最高得点となる14pointを取得して初の大関になる。
土井関(トワイライト部屋)相変わらずマイナーな曲を元気に楽しみながらポイントを稼いだ。2場所連続17度目の関脇に。
秦将関(大甲濱)来店は古いが旧採点機は合わず良い成績は残せてなかったが、新採点機に初挑戦して初の関脇GET。
千葉良関(まんま部屋)点数を意識することなく好きな曲を思いのままに唄って7.1pointを取得。4回目の関脇を射止めた。
今場所は横綱2、大関6、関脇3、小結2、前頭14の計27名。
部屋数:大甲濱が4名を輩出して初めての1位。まんまは3名の輩出で2位になった。
(東)秋場所ワンダー番付表(西)H30年9月1日〜30日
溝口浩
宗和雅之
土井秀紀
岡野由布子
瀧本正二
千葉良子
松崎日出子
石村英祐
赤司浩三
植木陽一郎
関口裕之
加賀谷正彦
壷阪恭平
秦将輝
浅川隆
山西さおり
亀津克己
小森淑子
尾車
格子柄組
トワイライト
トンボ
大浜組
まんま
赤司組
トンボ
赤司組
トンボ
トンボ
赤司組
トンボ
大甲濱
ファン
大甲濱
トンボ
女子会
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
日生下安弘
川添美智子
千葉宏樹
森中俊弥
河合隆雄
増田峯子

今井潤
瀧本智奈美
山崎裕司
今井ふみよし
平野健治
妻井雅彦
澤埜勝
山上浩二
足立文男
沢口梨華
岡本秀美
コブクロ
コブクロ
まんま
MDK
アリス
カナレイカ

トンボ
大浜組
大石組
大甲濱
赤司組
トンボ
赤司組
MDK
阪神
RIKA
coco
溝口関、スーパー横綱の名に懸けて意地で賜杯を奪還!部屋数:トンボ8名で1位赤司組5名で2位まんま大甲濱3位(10月)
溝口関(尾車部屋)先場所は多忙の為にツメが甘くライバルに横綱の座を許したが、今場所は腰を据えてじっくりと取り
組んで100点を2つ、99点を16回出すなど343pointを叩き出し、スーパー横綱の名に懸けて意地で賜杯を奪還した。
日生下関(コブクロ部屋)今場所はコンディションが思わしくなく、また出場回数もたったの2回に留まり3場所続いていた
自己記録更新の勢いがペースダウン、100点3回、99点11回、98点17回出し229pointを取得し西の横綱になった。
宗和関(格子柄組)新しい採点機と相性が合いパワフルな歌唱で高得点を連発して18.2pointを取得。3か月ぶりの大関。
川添関(コブクロ部屋)聞き手の心にも気持ちのよい風をもたらせてくれる優しい歌唱で14pointを取得し53回目の大関。
土井関(トワイライト部屋)今場所はいつもになく気合を入れてチャレンジ。得意の曲を使いこなして大関宣言を実現した。
千葉宏関(まんま部屋)これまで通りバイタリティのある熱唱で周囲を魅了し12pointを取得。これで7場所連続の大関に。
岡野関(トンボ部屋)2年半ぶりの出場ながら新採点機と相性が合いいきなり99点を出し仲間を驚かす。2度目の関脇に。
森中関(MDK部屋)最近は新採点機と反りが合い高得点を出すのだが、しかし押しが弱く10pointに留まって関脇に陥落。
瀧本関(大浜組)二十数年ぶりの出場ながら並外れた歌唱で得点を重ねて9.1pointを取得した。久しぶりの関脇になる。
河合関(アリス部屋)4年ぶりの出場で、緊張しつつも楽しみながら番付に取り組んで7poitを取得。10回目の関脇になる。
千葉良関(まんま部屋)周囲を意識することなくマイペースで十八番を並べ6.1pointを取得。5回目の関脇の座をキープ。
増田関(カナレイカ部屋)今場所は点数を気にすることなくゆっくりと取り組んで6pointを取得。通算13度目の関脇になる。
松崎関(赤司組)初出場ながら伸びのある唄いなれた歌唱でいきなり95点。その後も加点して6point取得。関脇を獲得。
今場所は横綱2、大関4、関脇7、小結4、前頭18の計35名。
部屋数:トンボが8名で久々の1位、赤司組5名で初の2位、まんま大甲濱は3名輩出で同率3位。
(東)霜月場所ワンダー番付表(西)H30年10月1日〜30日
溝口浩
矢田裕子
宗和雅之
川添美智子
千葉宏樹
千葉良子
土井秀紀
会田真由
小西奈美
上硲雅紀
古川翔一
山口康代
足立文男
今井ふみよし
角野吉成
土屋慶一郎
堀内俊美
尾車
まんま
格子柄組
コブクロ
まんま
まんま
トワイライト
クロセ
下茶屋
セブンスター
KRF
スミノフ
阪神
大甲濱
スミノフ
クロセ
もみじ
横綱
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
日生下安弘

田中義胤
山崎裕司

浅田健三
石橋宏一
伊川純慶

小田智子
浅川隆
森中達弥
永富照章
石橋香織
山口智弘
小野和美
吉本加奈
コブクロ

内川のボラ
大石組

シスコ
りんどう
KRF

スミノフ
ファン
ラクティス
下茶屋
りんどう

ひまわり
LOVE
溝口関、研究を重ね新採点機を攻略して最高得点を出して2連覇!部屋数:まんまスミノフが3名で同率1位(11月)
溝口関(尾車部屋)ライバルより少し遅れてスタートした今場所は、研究を重ねて新採点機を攻略、100点を9回、99点を
19回、98点を33回出すなど486pointで最高得点を叩き出した。最終日には新しい曲にチャレンジするなど余裕を見せた。
日生下関(コブクロ部屋)出場初日に100点4回、99点を12回、98点6回出すなどいきなり145pointを叩き出し今場所は優
勝があるかと思われたが、都合であと1回だけの出場となり月計は100点9回、99点18回、98点13回など264pointだった。
矢田関(まんま部屋)今場所は新採点機がしっくりと合い高得点を連発して99点をマークするなど月間43pointで横綱のポ
イントを取得した。これで38回目、7か月ぶりの横綱になった。
宗和関(格子柄組)周囲を魅了するハイトーンボイスでハイスコアをポンポンと出して32pointを取得。2か月連続の大関。
田中関(内川のボラ部屋)旧採点機では1日で横綱になっていたが、新採点機では相性が合わず15.2pointで大関止まり。
川添関(コブクロ部屋)好きな曲を楽しみながら唄いコツコツとポイントを重ねた今場所は15pointを取得し54回目の大関。
山崎関(大石組)今場所はいつもになく好調でハイスコアを連発して12.2pointを取得。5か月ぶり14回目の大関になった。
千葉宏関(まんま部屋)毎場所ながらスロットル全開で当番付けに挑んで12.1pointを取得。これで8場所連続の大関に。
千葉良関(まんま部屋)時々高得点を織り交ぜながらポイントを積み重ねて10.2pointを取得。6回目の関脇の座を獲得。
浅田関(シスコ部屋)久しぶりの出場で気合が入った今場所は8.2pointを取得。28年4月以来、16回目の関脇になった。
土井関(トワイライト部屋)マニアックなレパートリーを駆使して得点を重ねて7.2pointを取得した。これで関脇は18度目に。
石橋宏関(りんどう部屋)滅多に出場しない彼が僅かな時間ながらインパクトのある歌唱で6point取得。初の関脇を獲得。
今場所は横綱3、大関5、関脇4、小結3、前頭16の計31名。
部屋数:まんまが3名輩出で1位返り咲き、スミノフも3名で同率ながら初の1位。
(東)冬場所ワンダー番付表(西)H30年11月1日〜30日
溝口浩
矢田裕子
千葉宏樹
伊川純慶
千葉良子
古川翔一
森中俊弥
土井秀紀
稲田伸恵
森中達弥
脇元美穂子
山上浩二
原田佳子
山田健吾
小森淑子
尾車
まんま
まんま
KRF
まんま
KRF
MDK
トワイライト
尚斗・龍也
ラクティス
ミナミ
MDK
青空
ラリー
女子会
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
日生下安弘

稲田龍也
田原魁人
川添美智子
中道由佳
山崎裕司

浅川隆
今井ふみよし
中道亮
岡本秀美
小田原和代
盛田清美
河合元紀
コブクロ

尚斗・龍也
KRF
コブクロ
生徒会長
大石組

ファン
大甲濱
生徒会長
女子会
もみじ
まるはん
アルプス
溝口関、徐々に新採点機に馴染み出場回数減も賜杯を死守して3連覇!部屋数:まんまKRFが3名で同率1位(12月)
溝口関(尾車部屋)新採点機入れ替え当初は攻略に苦しんだが研究の成果が実り徐々にコツを掴む様になった。今場所
はいつもより出場回数が少なく優勝が危ぶまれたがライバルの失速もあり賜杯を死守。100点を3回など230pointで3連覇。
日生下関(コブクロ部屋)出場初日に100点3回、99点を10回、98点9回出すなど147pointを叩き出し、この勢いに乗れば
今場所の優勝は間違いなしと思われたが、次の出場日にかなり失速し月間計が226point。あと5pointで優勝を逃した。
矢田関(まんま部屋)今場所も高得点を連発し1日で17.1pointを取得。もう1度の出場で横綱確実も、この1日だけに終る。
千葉宏関(まんま部屋)今場所はお疲れかいつもより唄う回数が減り10point止まり。惜しくも9場所連続の大関を逃した。
稲田龍関(尚斗・龍也部屋)久しぶりの出場は新採点機になり相性が合うのか高得点を連発し9pointで初の関脇になる。
伊川関(KRF部屋)年に合わない渋い楽曲を唄いポイントを重ねて9pointを取得、今年の1月以来2度目の関脇の座をGET。
田原関(KRF部屋)初めての出場ながら仲間の勢いに乗せられてハイスコアを連発。8.2point取得して初出場初関脇に。
千葉良関(まんま部屋)相方に気を遣いながら控えめに当番付けにチャレンジ、8.1pointを取得して7回目の関脇になった。
川添関(コブクロ部屋)点数を気にせず好きな曲を歌い6.1pointを取得。5連続大関から1ランク落とし55度目の関脇になる。
今場所は横綱2、大関1、関脇6、小結5、前頭14の計28名。
部屋数:まんまKRFが3名輩出で同率1位。KRFは初の1位となる。
(東)初場所ワンダー番付表(西)H30年12月1日〜29日
日生下安弘
土井秀紀
矢田裕子
滝みよ子
出口豊
阿部洋介
丸山順一
北野勝己
増田峯子
山村千恵美
山村千鶴子
森中俊弥
野田健一
北野光
仁田水恵美子
脇元美穂子
中村幸子
辻井智代
西田明美
コブクロ
トワイライト
まんま
裕ちゃん
西宮
KRF
まんま
ココナッツ
カナレイカ
ちいちゃん

MDK
大国町
ココナッツ
まんま
なんば
出逢
女子会
あけみ
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
溝口浩
川添美智子
宗和雅之
田中義胤
今長冷子
井川勝美
山崎裕司
小倉洋子

古川翔一
小西奈美
大谷淳子
細川直美
辻幸雄
今井ふみよし
伊川純慶
北野陽子
田野浩太郎
武井有里香
尾車
コブクロ
格子柄組
内川のボラ
まんま
島ちゃん
大石組
まんま

KRF
下茶屋
ケイ太
下茶屋
小春
大甲濱
KRF
ココナッツ
よしもと
ゆり
日生下関、先場所の惜敗の悔しさをバネに頑張って6度目の優勝!部屋数:まんま5名で1位KRFココナッツが3名で同率2位(1月)
日生下関(コブクロ部屋)先場所は僅か5ポイント差で優勝を逃し、その悔しさをバネに今場所は出場回数を増やして当番付
けに挑んだ。初日に100点2回、99点を8回、98点5回出すなど112pointをマーク、その後も頑張って最強ライバルとの熱戦
を予想されたが風邪で肩透かしを食らった形になった。その中で月間計310pointを取得し堂々の6回目の優勝を果たした。
溝口関(尾車部屋)最近は3連勝をして波に乗っていたが、今場所は風邪を引いて休場も危ぶまれた。しかし千秋楽前日に
無理を押して出場をして109ポイントをゲット。優勝こそ手にする事は出来なかったが意地で横綱の座を守ったのはさすが。
土井関(トワイライト部屋)新採点機との相性が合い、いつもになく頑張って32.1pointを取得。9月以来3か月ぶりの大関復帰。
川添関(コブクロ部屋)今場所は出場回数を増やして持ち前の美声を披露。その結果23pointを取得し55回目の大関になる。
矢田関(まんま部屋)最近は会話が主体になりカラオケに少しブレーキがかかっている。それでも16.21point取得し大関に。
宗和宏関(格子柄組)2か月ぶりの出場で周囲を魅了する歌唱で高得点を連発して15pointを取得。2か月ぶりの大関になる。
滝関(裕ちゃん部屋)初めての出場ながらアガル事無く落ち着いて唄い14.1pointを取得。初出場初大関の快挙を成し遂げた。
田中関(内川のボラ部屋)新番付との相性が悪く自信曲もことごとく辛い点数になる。13pointで大関GETは元横綱の意地か。
出口関(西宮部屋)は20数年ぶりの出場ながら元気のある声で高得点を連発。久々の関脇の座に喜びの表情を浮かべた。
今長関(まんま部屋)1日の出場ながらも得意曲で有効点数を連発して26年8月以来、4年4か月ぶり、3度目の関脇になった。
阿部関(KRF部屋)初めての出場ながら得意のレパートリーを駆使してハイスコアを連発。10.1point取得して初出場初関脇に。
井川関(島ちゃん部屋)後期高齢者とは感じさせないハリのある歌唱で当番付けに挑み9pointを取得。初出場初関脇になる。
丸山関(まんま部屋)久しぶりの登場で渋い喉を聞かせて有効得点を連発。8.2pointを取得して27年7月以来4度目の関脇に。
山崎関(大石組)今場所は休場かと思われたが千秋楽に出場。自身初の97点出す等、高得点を出し8.2pointを取得して関脇。
北野関(ココナッツ部屋)久々の出場ながらパワフルな歌唱で98点を出す等たった3曲で8.1pointoを取得。3月以来の関脇に。
小倉関(まんま部屋)初挑戦ながらもいきなり96点を出す。その後も美しい歌唱で得点を重ねて7.2point取得して脇になった。
増田関(カナレイカ部屋)最近はトーンダウンして番付チャレンジがおろそかになっているが、それでも頑張れば関脇になる。
今場所は横綱2、大関6、関脇9、小結4、前頭16の計37名。
部屋数:まんまKRFが3名輩出で同率1位。KRFは初の1位となる。
(東)如月場所ワンダー番付表(西)H31年1月4日〜31日
日生下安弘
矢田裕子
千葉宏樹
土井秀紀
宗和雅之
伊川純慶
山崎裕司
杉本美奈子
田中義胤
吉和好美
杉本和孝
佐藤香織
岡俊幸
横山美和子
高橋加奈
コブクロ
まんま
まんま
トワイライト
格子柄組
KRF
大石組
チェリー
内川のボラ
コパン
チェリー
KRF
まんま
同級生
同級生
横綱
横綱
大関
大関
大関
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
溝口浩
森中俊弥
千葉良子
川添美智子


久保新次

古川翔一
木本淑規
神山連
吉澄ひろき
寺本マリ子
中村秀美
藤山研二
尾車
MDK
まんま
コブクロ


住之江

KRF
シータイガー
KRF
SSC
すまいる
パピヨン
じゅりー
日生下関、最後に唄った100点が功を奏して18か月ぶりの連続優勝!部屋数:まんまKRFが4名で同率1位(2月)
日生下関(コブクロ部屋)先々場所は僅か5ポイント差で優勝を逃し悔しい思いをしたが今場所はその真逆の結果になった。
今場所は千秋楽前日時点で64pointをリードされていたが踏ん張って100点2つ出すなど69pointを出し月間総得点が268
pointを取得。あとは溝口関の結果待ちになった千秋楽に休場したので優勝した。29年3月以来2度目の連覇を果たした。
溝口関(尾車部屋)先場所の雪辱を期すために今場所は前半から飛ばして終盤までリードをしていた。あと一押しで優勝を
予想されていたが、千秋楽に出場しなかったので月間総得点が263pointとなり、僅か5point差で賜杯を逃した。
矢田関(まんま部屋)今場所は99点2回出すなどとんとん拍子で得点を重ね出場2日で横綱のポイントをクリアした。月間計
44.2pointを取得して昨年の10月以来3か月ぶりに横綱に返り咲いた。これで39回目となる。
森中関(MDK部屋)最近は不調で当番付け挑戦を諦めていたが溝口関のアドバイスでいきなり100点を出した。それ以来
気をよくしてやる気満々になり月間総計41pointを取得して26回目の横綱のポジションをGETした。
千葉宏関(まんま部屋)今場所は出場回数を2回とし、エネルギッシュな歌唱で高得点を連発して9回目の大関の座に就く。
千葉良関(まんま部屋)新採点機とフィーリングが合い得点を伸ばし、自己最多の22.1pointを取得。3度目の大関になった。
土井関(トワイライト部屋)マイナーな曲をこよなく愛する彼はその曲で22pointを取得して2場所連続で9回目となる大関に。
川添関(コブクロ部屋)今場所もぬくもりを感じさせる歌唱で周囲を心地よくさせつつ得点を重ね通算56回目の大関になる。
宗和宏関(格子柄組)新採点機と相性が合い出場すれば高得点を連発、13pointtを取得して2か月連続の大関になった。
伊川関(KRF部屋)同僚に負けじとバイタリティのある歌唱で歌合戦して仲間内でトップ。昨年11月以来、3度目の関脇に。
今場所は横綱4、大関5、関脇1、小結3、前頭14の計27名。
部屋数:まんまKRFが3名輩出で同率1位。KRFは初の1位となる。

(東)弥生場所ワンダー番付表(西)H31年2月1日〜28日
溝口浩
矢田裕子
川添美智子
千葉宏樹
増田峯子
丸山順一
森中俊弥
岡俊幸
北原裕史
山本早苗
山中達良
土屋慶一郎
中島ゆき
山上浩二
米田セイジ
佐々木薫
尾車
まんま
コブクロ
まんま
カナレイカ
まんま
MDK
まんま
ひろちゃん
三国
たっちゃん
クロセ
みなみ
MDK
シスコ
かおるん
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
日生下安弘
土井秀紀
今長冷子

千葉良子

黒坂知代

山田恵美
葭川晃
弘瀬嗣麗
田中淑子
下野春男
脇元美穂子
村岡香代子
山口康夫
コブクロ
トワイライト
まんま

まんま

くろまん

三国
まき
つぐ
かまくら
春団治
みなみ
コブクロ
やすお
溝口関、スタートから思い切り飛ばてライバルを圧倒してV奪還!部屋数:まんまが6名で1位コブクロが3名で2位(2月)
溝口関(尾車部屋)日生下関に2連敗したのに加えて先場所はごく僅かの差で敗れた。その憂さを晴らすかのように今場
所はスタートから思い切り飛ばてライバルを圧倒。初日には100点3つ出すなど153pointを取得。その後も容赦なく攻めま
くりライバルの対抗心を奪う好成績を残した。今月の成績は100点8つ、345pointと断トツの得点で賜杯を奪い返した。
日生下関(コブクロ部屋)2連勝をした勢いは何処へ行ったのか今場所は出場が出遅れた上にその日は喉が不調で思う様
に唄えず。そのつまずきが最後まで尾を引いて月間の100点獲得数が4つ、総得点が151pointとライバルの成績の半分以
下に留まり西の横綱に甘んじた。彼が本来の力を出さないと当番付が盛り上がらないので来場所の奮起を期待したい。
矢田関(まんま部屋)今場所は99点を1回出すも攻めがもう一つ足らなかった。月間計が32pointで惜しくも横綱の座を逃す。
土井関(トワイライト部屋)毎場所マニアックな曲を駆使して高得点を連取して19pointを取得。3場所連続10回目の大関に。
川添関(コブクロ部屋)「あんまり点数は気にしない。楽しく唄えたらいい」と唄いつつ得点を重ねて通算57回目の大関GET。
今長関(まんま部屋)初出場はH22年。この9年間で関脇が最高位だったが新採点機と相性が合い初大関の座を射止めた。
千葉宏関(まんま部屋)今場所も出場回数を2回とし、持ち歌を駆使して得点を重ね15pointで2場所連続、10度目の大関に。
増田関(カナレイカ部屋)聞いている人を惹き込む情感のこもった歌唱で得点を伸ばし11pointを取得。15度目の関脇になる。
千葉良関(まんま部屋)点数を気にする事無く好きな曲を伸び伸びと唄って得点を重ねて10.1pointを取得。8度目の関脇に。
丸山関(まんま部屋)包み込まれるような渋い喉を利かせて有効得点を連発、6.2pointtを取得して5度目の関脇に返り咲く。
今場所は横綱2、大関5、関脇3、小結3、前頭16の計29名。
部屋数:まんま頑張って6名でコブクロが3名輩出で同率1位。
(東)春場所ワンダー番付表(西)H31年3月1日〜31日
溝口浩
土井秀紀
川添美智子
森中俊弥
矢田裕子
酒井今日子
弘瀬嗣麗
藤岡裕子
井上元和
古川翔一
河野秀雄
武石海斗
古川洋子
常藤孝
石走淑子
安田由紀
渡部萌
中島秀子
尾車
トワイライト
コブクロ
MDK
まんま
ふうてん
つぐ
しずか
冨士
KRF
プランドゥ
北斗

衣緒菜
かまくら
仲良倶楽部
KRF
さくら
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
日生下安弘
浅田健三
丸山順一
山崎裕司
今長冷子

神山連
木村一也
船津武士
伊川純慶
野田健一
脇元美穂子
山上浩二
原口すえ子
葭川晃
内藤順子
孔貴泰
岡田奈津美
コブクロ
シスコ
まんま
大石組
まんま

KRF
北斗
ふうてん
KRF
大国町
みなみ
MDK
ひろし
冨士
仲良倶楽部
阪大
なっつ
溝口関、他を寄せ付けぬ素晴らしいスタートダッシュで2場所連続優勝!部屋数:KRFが4名で1位まんまが3名で2位(4月)
溝口関(尾車部屋)先場所に続いてスタートダッシュをしてライバルとのポイント差を大きく引き離した。新曲、旧曲、男性歌手
曲、女性歌手曲を絡めたレパートリーでその後も攻め立てて100点を7つ、367pointを取得して2場所連続の横綱になった。
日生下関(コブクロ部屋)今場所は持病のぜんそくの影響で思う様に当番付にチャレンジをする事が出来なかった。それでも
3日出場して46曲も唄い100点を3つ、総得点が210pointと意地を見せて横綱の座をキープ。これで通算56回目の横綱に。
土井関(トワイライト部屋)新採点機になってから高得点が出る様になり気をよくして挑戦して23pointを取得。11回目の大関。
浅田関(シスコ部屋)周囲を魅了する美声で高得点を連取。自己最多の21.2pointを取得し1年ぶり7度目の大関に返り咲く。
川添関(コブクロ部屋)今場所は蓄積したストレスを発散すると出場回数を増やして15.1pointを取得、58回目の大関になる。
丸山関(まんま部屋)包み込まれるような味わいのある声で得点を重ねて自己最多の15pointtを取得。初めての大関をGET。
森中関(MDK部屋)初日に99点、96点を出して今場所は横綱を狙うかと思われたが、後が尻切れトンボになり大関に留まる。
山崎関(大石組)今場所は2日の出場で有効得点を連発して12pointを取得して、昨年の10月以来15度目の大関に返り咲く。
矢田関(まんま部屋)暫く横綱と大関を行き来していたが今場所はカラオケには重点を置かず軽く流し10point。9回目の関脇。
今長関(まんま部屋)今場所も楽しみながら美声を響かせて得点を重ねたが8.1pointに留まり先場所の大関から関脇に陥落。
酒井関(ふうてん部屋)初出場ながら素直な歌唱で7.1pointを取得した。関脇の座を獲得し「こんなの初めて」と喜びを語った。

今場所は横綱2、大関6、関脇3、小結4、前頭20の計35名。
部屋数:KRFが4名輩出して1位。まんまは3名輩出で2位になる。
(東)皐月場所ワンダー番付表(西)H31年4月1日〜30日
日生下安弘
岡村信路
矢田裕子
山崎裕司
丸山順一
長谷川耀司
一柳寛
大汐誠
宗和雅之
速水貴仁
石村英祐
関口裕之
谷口裕祐
千葉宏樹
千葉良子
壷阪恭兵
上田泰之
中西美智子
森田節子
豊慎之介
増田峯子
石橋香織
弘瀬嗣麗
冨士登
福井椋也
岡田奈津美
コブクロ
三菱
まんま
大石組
まんま
三菱
トンボ
ニナイテック
格子柄組
バットホープ
トンボ
トンボ
めぐちゃん
まんま
まんま
トンボ
トンボ
SSC
笑若庵
バットホープ
カナレイカ
りんどう
つぐ
冨士
MFP
なっつ
横綱
大関
大関
大関
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
溝口浩
今長冷子
森中俊弥
土井秀紀
松田良貴
鬼木和貴
富田旭
川添美智子
岡野由布子
香西七星
浅田健三
仁田水恵美子
浅川隆
福元ゆう子
井上元和
今井潤
室田裕太郎
脇元美穂子
松尾優作
二井本春美
葭川晃
山上浩二
野田健一
大城敬植
大井祥子
戸田康夫
尾車
まんま
MDK
トワイライト
三菱
トンボ
三菱
コブクロ
トンボ
バットホープ
シスコ
まんま
浅風呂
まんま
冨士
トンボ
トンボ
みなみ
バットホープ
SSC
まき
MFP
大国町
貝塚
女子会
やす
日生下関、持てる力を発揮して令和元年の初番付を制す!部屋数:トンボ9名1位まんま7名2位三菱,バットホープ3位(5月)
日生下関(コブクロ部屋)出場初日に100点3つ出すなど81pointを取得。都合で2日だけの出場になったが、その中で自分の
持てる力を存分に発揮して月間100点獲得数6つ、総ポイント214pointを獲得、令和元年の初番付を8回目の優勝で飾った。
溝口関(尾車部屋)今場所は自身の本業多忙で休場するかと思われたが終盤に辛うじて間に合い1日だけ出場。当日は運
悪くカラオケ挑戦者が多数いて唄う機会が少なかった。それでも100点1つ、50pointを取得してなんとか横綱の座を守った。
岡村関(三菱部屋)4人で初来店しカラオケにチャレンジ、いきなり99点を出すなど高得点を続けざまに出して、グループのリ
ーダーとしての実力を発揮して28pointを取得し初出場初大関を果たした。因みに他の3人も初出場ながら三役の座を取得。
今長関(まんま部屋)新しい採点機と相性が合うのか以前にない点を連発して自己最多の27point取得。2度目の大関GET。
矢田関(まんま部屋)最近は会話が多くあまり歌わなくなったが、そんな中でも得意曲を駆使して26pointを取得して大関に。
森中関(MDK部屋)近頃はそんなに唄わなくなったが要所だけは押さえて98点を2回出すなど21pointを取得。大関を守る。
山崎関(大石組)周囲から「いい声」と言われる程の渋い喉を響かせ高得点を連取。19pointで2場所連続16回目の大関に。
土井関(トワイライト部屋)最近は出場回数を少し増やしてチャレンジ。お得意のB面の曲で18pointを取得。12回目の大関。
丸山関(まんま部屋)今場所も肩ひじを張らずに自然なスタイルで歌唱して14.2pointtを取得。2場所連続の大関の座を獲得。
松田関(三菱部屋)初来店ながら自信のある歌唱で高得点を立て続けに出して12.1pointを取得して初出場初大関になった。
長谷川関(三菱部屋)初来店ながらカラオケを楽しんで高得点を連発。11pointを取得して初出場ながら初関脇の座を獲得。
鬼木関(トンボ部屋)仕事が出来る人はカラオケも真剣!というスタイルで挑んで、4年ぶり3度目の出場で初の関脇になる。
一柳関(トンボ部屋)初出場ながらも雰囲気に呑まれることなく堂々とした歌唱でいとも簡単に8pointを取得し関脇の座をGET。
富田関(三菱部屋)初来店ながら周囲を魅了する素晴らしい歌唱で高得点を連取。8pointを取得して初出場初関脇になった。
大汐関(ニナイテック部屋)初出場ながら得意のレパートリーを駆使して有効点数を連発して7point取得。関脇の座に就いた。
川添関
(コブクロ部屋)今場所はストレスから体調を崩して出場回数が減少。それでも7pointを取得して56回目の関脇になる。
宗和関(格子柄組)いつもながら周囲を魅了する目の覚める様な歌唱で97点など高得点を出し昨年2月以来7回目の関脇に。
岡野関(トンボ部屋)7か月ぶりの出場でいきなり99点を出すが唄ったのはあと1曲だけ。6.1point取得で3度目の関脇になる。

今場所は横綱2、大関8、関脇8、小結8、前頭26の計52名。
部屋数トンボが9名で1位、まんまが7名で2位、三菱バットホープが4名輩出で同率3位になる。
(東)夏場所ワンダー番付表(西)R1年5月1日〜31日
溝口浩
今長冷子
丸山順一
土井秀紀
川添美智子
荒木さとみ
大谷淳子
田中義胤
土屋慶一郎
増田峯子
平野修一郎
浅川隆
岡田奈津美
佐々木薫
尾車
まんま
まんま
トワイライト
コブクロ
あろえ
ケイ太
内川のボラ
クロセ
カナレイカ
鈴華
浅風呂
なっつ
かおるん
横綱
大関
大関
大関
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
日生下安弘
矢田裕子
森中俊弥
山崎裕司
浅田健三
弘瀬嗣麗

脇元美穂子
河野秀雄
草野勝彦
山上浩二
野田健一
大井祥子
山口康夫
コブクロ
まんま
MDK
大石組
シスコ
つぐ

みなみ
プランドゥ
クロセ
MFP
大国町
女子会
やすお
溝口関、先場所の憂さを圧倒的な成績で賜杯を奪還して最多勝横綱の貫禄を見せつける!部屋数:まんま3名1位(6月)
溝口関(尾車部屋)先場所は休場が危ぶまれる程多忙で、終盤に辛うじて1日だけ出場して横綱の座を守った。そのうっぷん
を晴らすかのように今場所は前半から思いきり飛ばしてライバルと初めて顔を合わせた時には209pointも差をつけていた。
それ以後も攻撃の手を緩めず攻め立てて月間100点獲得数10個、総ポイント425pointを獲得、圧倒的成績で賜杯を奪還。
日生下関(コブクロ部屋)ライバルとの初顔合わせの時にはかなり大差をつけられ優勝は諦めムードに。それでも令和元年
の初番付の覇者としてのプライドにかけて手を抜く事なくカラオケ・バトルに挑んで月間100点獲得数11、総ポイント334point
を獲得、58回目の横綱になる。また新しいレパートリーにもチャレンジするなど来場所に向けての心の準備も万端である。
今長関(まんま部屋)相性が合う採点機で楽しく歌って高得点を連発し30point取得、自己最多を更新して2場所連続大関に。
矢田関(まんま部屋)最近は横綱狙いには執着せず好きな曲を気楽に歌っている。今場所は25pointを取得して大関を維持。
丸山関(まんま部屋)渋い喉を響かせたり尾崎紀世彦ばりの歌唱を披露したりして21.2pointtを取得。3場所連続大関キープ。
森中関(MDK部屋)100点を出して横綱を狙うかも?と思われたがそれ以降は続かず20pointに留まった。大関だけは確保。
土井関(トワイライト部屋)最近は採点機のコツを掴んだのか今場所は2日だけの出場で15pointを取得。13回目の大関獲得。
山崎関(大石組)相変わらず「いい声」を響かせて周囲を魅了。そして高得点を出し14.1pointで3場所連続17回目の大関に。
川添関(コブクロ部屋)新しい会社に少し慣れてきたのか歌唱にも安定感が出てきた。今場所は11pointで辛くも大関を逃す。
浅田関(シスコ部屋)甘く優しい歌唱で得意曲を思いのままに歌い6point取得。これで30年10月以来、17回目の関脇になった。
今場所は横綱2、大関6、関脇2、小結3、前頭14の計27名。
部屋数まんまが3名で1位、2位以下は該当なし。
(東)文月場所ワンダー番付表(西)R1年6月1日〜30日
溝口浩
丸山順一
土井秀紀
矢田裕子
千葉宏樹
川添美智子
千葉良子
野田健一
脇元美穂子
仁田水恵美子
中井幸代
福本憲二
山口康夫
岡田奈津美
尾車
まんま
トワイライト
まんま
まんま
コブクロ
まんま
大国町
みなみ
まんま
さっちー
石津
やすお
なっつ
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
日生下安弘
森中俊弥
北原裕史

今長冷子
千葉瑞郎
岡俊幸
中村幸子
阿部哲史
今井ふみよし
大井祥子
松尾敏行
小森淑子
村岡香代子
コブクロ
MDK
まんま

まんま
まんま
まんま
出逢
まんま
大甲濱
女子会
男子会
同級生
コブクロ
溝口関、先場所の勢いをそのまま持続させて持てる力を最大限に発揮して連続V!部屋数:まんま10名1位コブクロ2位(7月)
溝口関(尾車部屋)先場所はロケットスタートで始まってそのまま最後まで攻撃の手を緩める事無く攻め立てて賜杯を手にし
たが、今場所も同じ様な攻撃パターンで持てる力を最大限に発揮して月間100点9個、376pointで2場所連続優勝を果たした。
日生下関(コブクロ部屋)今場所は本業の都合で1日しか出場出来ず。それでも100点2個、140point取得して横綱の座を守る。
丸山関(まんま部屋)大関の座も板に着いてきて唄うたびに高得点を連発。自己最多タイの21.2point取得し4場所連続大関。
森中関(MDK部屋)あまり頑張らずに気が向いた時に唄うスタイルが最近の傾向。それで98点を2回出すなどして大関を維持。
土井関(トワイライト部屋)日を追うごとに力が付いてきて高得点を連発する様になった。今場所は1日だけの出場で大関に。
北原関(まんま部屋)北九州からの出張で1日だけの出場。楽しくチャレンジして16.1pointを取得し初めての大関の座を獲得。
矢田関(まんま部屋)今場所も会話が多くカラオケは少な目だったが99点など高得点を出して13.2pointを取得し大関を維持。
千葉宏関(まんま部屋)暫く喉の調子が悪く休場気味だったが徐々に調子を取り戻し今場所は関脇に。今後の活躍を期待。
今長関(まんま部屋)好みに合う曲を駆使し、聞いている人を楽しくさせる明るい歌唱で得点を伸ばし5回目の関脇になった。
川添関(コブクロ部屋)本業の移籍先に慣れず暫く疲れから歌唱にも身が入らず。それでも6pointを取得し59回目の関脇に。
千葉瑞関(まんま部屋)初出場ながら自信をもって得意の曲を歌い上げ高得点を連発。初めてながら関脇の座を獲得した。

今場所は横綱2、大関5、関脇4、小結2、前頭14の計27名。
部屋数まんまが最多の10名で1位、2位はコブクロの3名。
(東)葉月場所ワンダー番付表(西)R1年7月1日〜31日
日生下安弘
北原裕史
矢田裕子
山崎裕司
今長冷子
川添美智子
福西さやか
古川翔一
森長加奈
壷井康代
伊川純慶
東俊一
高津直希
脇元美穂子
壷井和也
石橋香織
大川内章啓
中島由紀
佐藤純子
コブクロ
まんま
まんま
大石組
まんま
コブクロ
横山運輸
KRF
横山運輸
横山運輸
KRF
カープ
ナオキ
みなみ
横山運輸
りんどう
あきちゃん
三国ヶ丘
向日葵
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
溝口浩
森中俊弥
土井秀紀
穴井恒二
貝淵哲也
貝淵美和
増田峯子

壷井真樹
岡村阿弥
壷井淳子

小浦憲治
山上浩二
鈴木恵美
今井ふみよし
石田和彦
山口秀美
大塩克之
尾車
MDK
トワイライト
まんま
横山運輸
横山運輸
カナレイカ

横山運輸
横山運輸
横山運輸

横山運輸
MFP
えみ
大甲濱
タイガース
三国ヶ丘
タイガース
日生下関、今場所は絶好調で初日にいきなり100点5発!その勢いに乗って9度目のV!部屋数:横山運輸10名1位まんま2位(8月)
日生下関(コブクロ部屋)今場所は絶好調で初日にいきなり100点を5回出すなど128ポイントを取得。その後もライバルの出方
を気にしつつも好調を持続。千秋楽には大差に安心して新しい曲にチャレンジするなど余裕を見せた。月間の100点獲得数は
12個、378point取得して3か月ぶりに9回目の賜杯を手にした。尚、横綱在位場所数は60回目になった。
溝口関(尾車部屋)今場所は本業の都合で出場回数が僅か2日。調子も絶好調だった先の2場所ほどにはふるわず早々に優勝
を断念した様に見えた。それでも月間の100点2個、136pointを取得して西の横綱を手中におさめ名横綱の体面を守った。
北原関(まんま部屋)北九州からの出場だが元気にチャレンジして自己最多の24.2pointを取得。2場所連続の大関の座に就く。
森中関(MDK部屋)横綱を狙える実力の持ち主だが、来店のたびに1曲か2曲しか唄わないのでポイントが伸びず大関止まりに。
矢田関(まんま部屋)最近はカラオケより会話を楽しむようになり歌唱が少なくなったが、それでも22.1pointを取得し大関返り咲く。
土井関(トワイライト部屋)大関になってからは「この地位を守りたい」とチャレンジ。その言葉通り大関復帰以後8場所連続大関
山崎関(大石組)最近は仕事の疲れで先場所は休場。2か月ぶりの出場で高得点を出し14.1pointで18回目の大関の座に就いた。
穴井関(トワイライト部屋)北原関に連れられて初めての出場ながら臆することなく得意曲を披露して12pointを取得。大関になる。
今長関(まんま部屋)いつものように、明るく楽しく好きな曲を唄い高得点を連発。11.1pointを取得して惜しくも大関の座を逃した。
貝淵哲関(横山運輸部屋)初出場ながら素敵な歌唱でいきなり98点を取得、その後3曲だけしか歌えなかったが9,1pointで関脇。
川添関(コブクロ部屋)慣れない転勤での疲れと夏バテ気味で調子はイマイチ。そんな中カラオケを頑張り10point取得で関脇に。
貝淵美関(横山運輸部屋)初めてのチェレンジだが夫婦揃って歌がうまく周囲を魅了。7.2pointを取得。夫婦仲良く関脇になった。
福西関(横山運輸部屋)初出場だが持ち前の明るさで得意の曲を歌い上げ高得点を連発し7.2pointを取得して関脇の座に就く。
増田関(カナレイカ部屋)最近はあまり唄わないが今場所は新しい曲にアタックして高得点を連発。5か月ぶり16度目の関脇に。
古川関(KRF部屋)いつもながら愛嬌があり、はつらつと歌い上げて好成績を残した。6.2pointを取得して初めて関脇の座に就く。

今場所は横綱2、大関6、関脇7、小結7、前頭14の計36名。
部屋数:横山運輸が初出場ながら10名全員が入幕してダントツの1位、2位はまんまの4名。
(東)葉月場所ワンダー番付表(西)R1年8月1日〜31日
溝口浩
増田峯子
土井秀紀
江田邦弘
宗和雅之
西田真耶
石橋香織
浅田健三
伊川純慶
松井英樹
野田健一
葭川晃
脇元美穂子
小森淑子
辻井智代
山口康夫
尾車
カナレイカ
トワイライト
カナレイカ
格子柄組
龍也
りんどう
シスコ
KRF
ジャイアンツ
大国町
まき
みなみ
女子会
女子会
やすお
横綱
横綱
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
日生下安弘
森中俊弥
川添美智子

矢田裕子
稲田龍也
古川翔一

井上元和
鈴木恵美
冨士登
土師浩
今井ふみよし
村岡香代子
中島秀子
コブクロ
MDK
コブクロ

まんま
龍也
KRF

冨士
えみ
冨士
ひらぱー
大甲濱
コブクロ
さくら
溝口関、今場所も抜きつ抜きかれつの熾烈な戦いを繰り広げたが千秋楽に粘って決着をつけた!部屋数:コブクロ3名で1位(9月)
溝口関(尾車部屋)今場所も初日に100点2つ出すなど好調な滑り出しを見せたが、翌日にライバルが100点を3つ出すなどすかさ
ず逆転して周囲を沸かせた。その後も抜きつ抜きかれつの熾烈な戦いを繰り広げたが千秋楽に粘りに粘って決着をつけた。月
間の100点は5個だが驚異のスタミナとしぶとい試合運びで426pointを取得して2か月ぶりに賜杯を奪い返した。
日生下関(コブクロ部屋)出場一日目は出足が鈍く如何なものかなと危惧されたが終了間際に100点の3連発して逆転。その後は
波に乗って出場のたびに逆点を繰り返してライバルを常に脅かした。月間の100点獲得数は13個と試合巧者のライバルに対して
パワーで圧倒したが千秋楽に出場出来ずうっちゃられて賜杯を逃した。それでも月間の386pointは堂々の成績である。
増田関(カナレイカ部屋)今場所は今までで最も出場回数を増やして横綱の座を狙った。ひと月に10日も出場したその努力が実り
自己最多の60pointを取得。実に1年10か月ぶり10回目の横綱になる。
森中関(MDK部屋)出場一日目にいきなり100点を叩き出した。それで気をよくして「横綱獲得宣言」して着実にポイントを伸ばした。
そして99点など高得点を重ねて出場6日目で念願の横綱の座を獲得した。
土井関(トワイライト部屋)いつもながら主にB面の曲で挑戦。大関復帰以来ずっとその座を守り続けて9場所連続の大関をキープ
川添関(コブクロ部屋)点数を気にせず、温もりあふれた歌唱でゆったりとチャレンジ。そんな中、3月以来59回目の大関になった。
江田関(カナレイカ部屋)初出場ながら臆することなくマイペースで得意曲を披露。ギリギリのポイントではあるが大関の座を獲得。
宗和関(格子柄組)久々の出場ながら周囲をひきつける魅力的な歌唱で11pointを取得。皐月場所以来4か月ぶり8回目の関脇に。
矢田関(まんま部屋)最近では珍しく1度だけの出場となったが要所だけは押さえ8pointを取得。春場所以来11回目の関脇になる。
西田関(龍也部屋)初出場ながら若さが溢れる彼女は歌手志望だけあって抜群の歌唱で高得点を連発して関脇の座を獲得した。
稲田関(龍也部屋)社会人になって初めて自腹で出場。若者らしく活きのよい歌唱で高得点を連発し昨年11月以来2度目の関脇に。

今場所は横綱4、大関3、関脇4、小結3、前頭15の計29名。
部屋数:コブクロが3名輩出で1位、2位以下は該当無し。
(東)長月場所ワンダー番付表(西)R1年9月1日〜30日
溝口浩
増田峯子
土井秀紀
山崎裕司
丸山順一
江田邦弘
山口誠
齊藤晃平
千葉由香
石村英祐
古川翔一
西泉守
斉藤ひろし
中石理紗
野田健一
脇元美穂子
今井ふみよし
篠丸晃一
今井潤
関山松子
尾車
カナレイカ
トワイライト
大石組
まんま
カナレイカ
トンボ
トンボ
まんま
トンボ
KRF
まんま
はいじ
小島屋
大国町
みなみ
大甲濱
しのまる
トンボ
ひろの
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
日生下安弘
今長冷子
森中俊弥

矢田裕子
関口裕之
北原裕史
川添美智子
樫井朋恵

河合隆雄
豊島新次郎
岡俊幸
伊川純慶
中村幸子
林良子
千葉瑞郎
上山美紀
中村穂澄
永井繁和
コブクロ
まんま
MDK

まんま
トンボ
まんま
コブクロ
小島屋

アリス
トンボ
まんま
KRF
出逢
小島屋
まんま
はいじ
はいじ
瓢箪山

溝口関、今場所は出足から好調で追随者なく余裕で優勝!部屋数:まんま8名で1位、トンボ6名で2位、小島屋はいじ3名で3位(10月)
溝口関(尾車部屋)今場所もすこぶる調子がよく、初日に100点を2回出すなど1日で93pointをGETして横綱のポイントを遥かにオ
ーバー。勢いをそのまま持続させて月間の100点は11個、320pointを稼ぎ出し先場所に続いて優勝の賜杯をしっかり手にした。
日生下関(コブクロ部屋)好調のライバルより1週間遅れの出場だが、闘志をむき出して初日に100点6回出すなど1日で124point
をGETした。またも熱戦を繰り広げるられるかと思われたが喘息で暫く休場。千秋楽に出場も間に合わず西の横綱に留まった。
増田関(カナレイカ部屋)今場所は出場回数が半減、高得点を出すなど頑張るも横綱のポイントに僅かに届かず大関に留まる。
今長関(まんま部屋)持てる力を存分に発揮し97点を3連発など計6回出して1日で24pointを獲得、4か月ぶり4回目の大関になる。
土井関(トワイライト部屋)相変わらず真面目実直にマイナーな曲で攻め17pointを取得。10場所連続、通算17回目の大関になる。
森中関(MDK部屋)突発的に98点など高得点を叩き出すが後が続かず思う様にポイントが伸びず先場所の横綱から大関に降格。
山崎関(大石組)2か月ぶりの出場ながら夏バテの疲れを吹き飛ばすかのような歌唱で高得点を出し13.1point取得し大関の座に。
丸山関(まんま部屋)渋い喉でゆったりと歌い上げ6月まで4場所連続大関だったが2場所休場。復帰の今場所は7回目の関脇に。
矢田関(まんま部屋先場所に続いて今場所も1度だけの出場となったが高得点を出すなど11pointを取得し12回目の関脇になる。
江田関(カナレイカ部屋)初出場ながら臆することなくマイペースで得意曲を披露。ギリギリのポイントではあるが大関の座を獲得。
関口関(トンボ部屋)新採点機に相性が合うのか久々の出場で即座に99点を叩き出し7pointを取得。24年5月以来2回目の関脇。
山口関(トンボ部屋)2度目の出場ながらも気後れすることなくはつらつとした歌唱で高得点を連発して初の関脇の座を獲得した。
北原関(まんま部屋)遠路はるばる北九州からの出場ながら疲れを見せる事無く得意曲であっさり99点叩き出して関脇になった。
今場所は横綱2、大関5、関脇6、小結5、前頭20の計38名。
部屋数:まんまは相変わらず強く8名で1位、トンボ6名で2位、小島屋はいじは3名で同率3位。
(東)霜月場所ワンダー番付表(西)R1年10月1日〜31日
溝口浩
増田峯子
浅田健三
宗和雅之
川添美智子
秦淳子
丸山順一
鶴崎力也
今俊晴
脇元美穂子
山崎良太
織田牧
今井ふみよし
東原英将
遠山智子
小森淑子
尾車
カナレイカ
シスコ
格子柄組
コブクロ
大甲濱
まんま
DNA
友唯
みなみ
大石組
チーム正美
大甲濱
ラガー
女子会
女子会
横綱
横綱
大関
大関
関脇
関脇
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
日生下安弘

土井秀紀
江田邦弘
秦将輝
森中俊弥

石橋香織
今井祐作
金本つた子
畑下久美子
野田健二
山口玲子
野村強
横井政照
盛田清美
コブクロ

トワイライト
カナレイカ
大甲濱
MDK

りんどう
ラガー
まんま
大石組
大国町
まんま
オデッセ
鹿児島
まるはん
溝口関、先場所の勢いに、より一層パワーアップして挑んで3連覇を果たす!部屋数:まんま大甲濱共に3名で同率1位(11月)
溝口関(尾車部屋)先場所の勢いに、より一層パワーアップして挑んだ今場所は初日に100点を2回出すなど1日で117pointを取得。
その後もそのまま攻め続けてライバルを圧倒し3連覇を達成した。月間の100点は6個、396pointを取得して通算80回目の優勝。
日生下関(コブクロ部屋)今場所は喉の不調から調整がかなり遅れて終盤にようやく出場。ライバルが遥か遠くの前方を走ってい
たので相対するのを断念。焦ることなく自分のペースで取り組んで月間の100点2回、222poinを取得し通算61回目の横綱になる。
増田関(カナレイカ部屋)今場所は新しい曲にもチャレンジしてレパートリーの幅を広げた。その甲斐があって横綱に返り咲いた。
浅田関(シスコ部屋)今場所は3日の出場。周囲を惹きつける甘い歌唱で持てる力を発揮して25年8月以来、6回目の大関になる。
土井関(トワイライト部屋)いつも通りマニアックな曲を駆使して高得点を連発。これで大関復帰以来11場所連続でこの座を守る
宗和関(格子柄組)相性が合う採点機に気をよくしていつもになく沢山歌った。その結果ハイスコアを連発して1月以来の大関に。
江田関(カナレイカ部屋)渋みのあるいぶし銀の演歌を披露して13.1pointを取得。ギリギリながら2場所ぶりに大関に返り咲いた。
川添関(コブクロ部屋)点数を気にしする事なくお気に入りのレパートリーを歌い続けて8.2pointを取得し通算61回目の関脇になる。
秦将関(大甲濱部屋)普段、ロック調のギター弾き語りをするだけにパワーのある歌唱で圧周囲を圧倒。久しぶり2度目の関脇に。
秦淳関(大甲濱部屋)1年2カ月ぶりの出場ながら臆する事無く美声をふるわせて周囲の心をとらえた。有効得点を取得し関脇に。
森中関(MDK部屋)今場所は大関を狙うと言いつつも出場のたびに1、2曲で歌い終わりポイントが伸びず関脇の座にとどまった。
今場所は横綱3、大関4、関脇4、小結1、前頭18の計30名。
部屋数:まんま大甲濱がそれぞれ3名で同率1位、2位以下は無し。
(東)冬場所ワンダー番付表(西)R1年11月1日〜30日
溝口浩
森中俊弥
浅田健三
土井秀紀
今長冷子
矢田裕子
山崎裕司
出口豊
池田拓馬
脇元美穂子
橋本のぶ子
中原田八重
桑元経順
山口玲子
土屋慶一郎
斉藤ひろし
末岡裕子
上山美紀
関川光代
尾車
MDK
シスコ
トワイライト
まんま
まんま
大石組
にしのみや
フソウ
みなみ
まんま
肴ラボ
長岡京
まんま
クロセ
はいじ
向日葵
はいじ
女子会
横綱
横綱
大関
大関
大関
大関
関脇
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
日生下安弘

宗和雅之
丸山順一
増田峯子
川添美智子


中村穂澄
野田健一
今井ふみよし
江田邦弘
桑元久美子
小平進一
二井本春美
中村幸子
坂口かな
石倉恵美
安達信男
コブクロ

格子柄組
まんま
カナレイカ
コブクロ


はいじ
大国町
大甲濱
カナレイカ
蒲田
ヨーキーズ
SSC
出逢
MARUYASU
えみ
サムライ
溝口関、頂上決戦にふさわしいハイレベルなバトルを制して通算81回目の優勝!部屋数:まんま5名で1位はいじ3名で2位(12月)
溝口関(尾車部屋)ライバルとは毎回、頂上決戦にふさわしいハイレベルなバトルを繰り広げているが今場所も持ち前の粘りを見
せて4連覇を果たした。出足は2日間で100点は1回だが177pointを取得して大きくリード。途中はライバルの圧倒的な反撃に遭う
が一歩も引かない精神力で賜杯を勝ち取った。月間の100点は7個、401pointを取得し、これで通算81回目の優勝だ。
日生下関(コブクロ部屋)今場所は出足が遅れて中盤からのスタートになったが出場初日に20曲中100点を9個出して周囲が驚く
圧倒的なパワーを見せつけた。最終出場日も100点を7個出して逆転をしたがライバルの執拗な攻めに遭い賜杯を逃した。それ
でも月間の100点12回、298poinは堂々たる成績。通算横綱回数は64回目になる。
森中関(MDK部屋)今場所はいつもと違って気合を入れて「横綱を狙う!」と宣言。そして全力で取り組んだ努力の甲斐が得られ
100点2回、54piontを取得して葉月場所以来3か月ぶりに横綱に返り咲いた。これで29回目の横綱となる。
浅田関(シスコ部屋)聞く人をほのぼのとさせるソフトな歌唱で高得点を連取して2場所連続で9回目となる大関の座を射止めた。
宗和関(格子柄組)自慢のハイトーンボイスを披露して周囲を魅了、その音声が採点機にマッチしたのか高得点を出して大関に。
土井関(トワイライト部屋)誰も歌わないようなレアな曲を交えながらチャレンジ、大関復帰以来12場所連続でこの座を守っている。
丸山関(まんま部屋)いぶし銀の魅力を感じさせる渋い喉を聞かせて高得点を連取、文月場所以来5か月ぶりに大関復帰した。
今長関(まんま部屋)点数を気にすることなく明るく楽しく歌いながら得点を重ねて24pointを取得。2か月ぶりの大関に返り咲き。
増田関(カナレイカ部屋)演歌に加え69才ながらAKBの曲も歌った。そのレパートリーの広さに周囲もびっくり。25回目の大関に。
矢田関(まんま部屋)当初は番付上位を諦めていたが千秋楽にいきなり98点を出し、その勢いに乗ってポイントを稼ぎ大関GET。
川添関(コブクロ部屋)本業がきつく疲れているが、休憩を挟みながら番付にチャレンジ。地道にポイントを重ねて60回目の大関。
山崎関(大石組)最近は1カ月おきの出場となっているが出場した時は有効得点を出すので三役は確実。今場所は関脇になる。

今場所は横綱3、大関8、関脇1、小結1、前頭22の計35名。
部屋数:まんまが5名で1位、はいじが3名輩出で2位になる。
(東)初場所ワンダー番付表(西)R1年12月1日〜30日 
日生下安弘
増田峯子
土井秀紀
仁田水美里
中原田彩音
丸山順一
田中秀昭
江田邦弘
石橋りんどう
山崎裕司
高野航平
森中俊弥
石橋香織
藤澤祥一
尚和義人
青山真三代
池原佳世
河野秀雄
梅本紀子
脇元美穂子
中島ゆき
池原士郎
新井龍太
仁田水恵美子
西林徹
近田敏美
コブクロ
カナレイカ
トワイライト
まんま
肴labo
まんま
パンチ
カナレイカ
りんどう
大石組
肴labo
MDK
りんどう
まんま
肴labo
コブクロ
三伸
プランドゥ
チュキダカラ
みなみ
みなみ
三伸
大石組
まんま
MDK
女子会
横綱
横綱
大関
大関
大関
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
溝口浩

北原裕史
浅田健三
今長冷子

矢田裕子
越前壮一
川添美智子
中原田紀香
中原田八重
高野克生

鈴木恵美
山崎良太
曽我龍一
中谷邦雄
野田健一
源芳美
今井ふみよし
梅本貴久
小林翔
柿坂俊昭
山口玲子
米田セイジ
柴田啓子
尾車

まんま
シスコ
まんま

まんま
肴labo
コブクロ
肴labo
肴labo
肴labo

えみ
大石組
肴labo
大石組
大国町
肴labo
大甲濱
チュキダカラ
大石組
伊勢カレー
まんま
シスコ
おけい
日生下関、早めのチャレンジが功を奏して通算10回目の優勝!部屋数:肴labo9名1位まんま8名大石組5名3位コブクロ4位(1月)
日生下関(コブクロ部屋)先場所は出足が遅れて苦杯を喫したので今場所はその反省を踏まえて早めにチャレンジ。出場初日
は積極的に攻め立ててた結果100点6回、99点13回出すなど1日で188ポイントを取得。その後も精力的に打ち込み、新記録が
期待されたが、終盤に新しく採点機が変わりコツが掴めず失速。そんな厳しい状況下でも月間の100点11回、325poinを取得し
て19年7月以来10回目の優勝を果たした。
溝口関(尾車部屋)今場所は風邪と長引く喉の不調に悩まさてなかなか持ち味が出せず、4連覇の勢いが取り戻せないせないま
ま彼の令和元年のワンダー番付の幕を閉じた。特に終盤から取り入れた精密採点機にはライバル同様に要領が掴めず苦戦。
それでも横綱の座だけは守り最強横綱の意地を見せた。
増田関(カナレイカ部屋)今場所はチャレンジ精神を発揮してアイドル曲からユーモア・ソングまでジャンルを広げて歌唱。それな
のに高得点を出し、その積み重ねで45pointoを取得。2カ月ぶり12回目の横綱に返り咲いた。
土井関(トワイライト部屋)切れ味の鋭いテクニックで誰もが気に掛けないようなB面の曲を操り25.2pointtを取得。20回目の大関。
北原関(まんま部屋)自身初の100点を出すなど高得点を連発。目覚ましい活躍を見せて20.2pointを取得。初の大関の座に就く。
仁田水美関(まんま部屋)初出場ながら澄んだ美声で周囲を魅了。精密採点機では最高点の94点を4回出すなど20pointで大関。
浅田関(シスコ部屋)相変わらず心温まる歌唱で周りの人達を釘づけ。その上で18.1pointを取得し3場所連続、10回目の大関に。
中原田綾関(肴labo部屋)初出場ながら美しい伸びのある歌唱でいきなり95点。その後も加点して17.2point取得。大関の座を獲得。
今長関(まんま部屋)持てる力を存分に発揮し96点や95点など高得点を叩き出し17pointを獲得、2場所連続、6回目の大関になる。
丸山関(まんま部屋)沢田研二を彷彿(ホウフツ)するような歌唱やいぶし銀の渋い喉を駆使して15.2pointを取得。6回目の大関になる。
田中秀関(パンチ部屋)初出場だが勢いのある歌唱で95点、98点、95点を連取して周囲を驚かせたが得点僅かに足らず関脇に。
矢田関(まんま部屋)最近は主に会話が多くカラオケはやや少なくなったが96点を出すなどポイントは押さえて関脇の座は守った。
江田関(カナレイカ部屋)最近はあまり唄わないと決めていたが増田関に引っ張られて沢山唄い11pointを取得、2度目の関脇に。
越前関(肴labo部屋)初出場ながら若さ溢れるフレッシュな歌唱を披露。高得点を重ねて10.1pointを取得して初出場初関脇をGET。
石橋り関(りんどう部屋)母親に連れられてスナック・デビュー。一見大人しいがマイクを持てば物おじせず伸びやかに唄い関脇に。
川添関(コブクロ部屋)疲れ気味の心身を奮い立たせて番付にチャレンジ。コツコツとポイントを重ねて通算61回目の関脇になった。
山崎関(大石組)周囲がうらやむ良い喉を響かせて得点を重ねた。今場所は6.2pointを取得して1年ぶり、通算27度目の関脇確保。
中原田紀関(肴labo部屋)初出場の彼女は愛想がよく周囲に好かれるタイプ。カラオケにも好かれて高得点を出し関脇の座を獲得。
今場所は横綱3、大関7、関脇8、小結5、前頭26の計49名。
部屋数:肴laboが9名で1位、まんまが8名で2位、大石組が5名で3位、コブクロが3名で4位。
(東)卯月場所ワンダー番付表 (西) R2年1月4日〜31日 
日生下安弘
増田峯子
仁田水美里
江田邦弘
脇元美穂子
今長冷子
野田健一
中原田紀香
源芳美
山下光治
鍋田修平
山崎菜々
田中利宗
山上浩二
西林徹
小森淑子
コブクロ
カナレイカ
まんま
カナレイカ
みなみ
まんま
大国町
肴labo
肴labo

肴labo
NEWS
美優
MDK
MDK
女子会
横綱
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
溝口浩
土井秀紀
浅田健三
川添美智子
矢田裕子
中原田彩音
丸山順一

斉藤太郎
仁田水恵美子
土屋慶一郎
木野幸太郎
中原田八重
中村幸子
森中俊弥
関口廣美
尾車
トワイライト
シスコ
コブクロ
まんま
肴labo
まんま

きた
まんま
クロセ
ウィング
肴labo
出逢
MDK
三国丘
日生下関、精密採点機に戸惑いつつもプライドに掛けて連続優勝!部屋数:肴laboまんま共に5名で1位MDK3名で3位(2月)
日生下関(コブクロ部屋)昨年の12月終盤から新しく採用した精密採点機に全員が戸惑う中、初場所を制したプライドに掛けて
コツコツとポイントを積み重ねた。今までの様に100点連発という派手さは影を潜めたが2場所連続優勝で番付に花を添えた。
溝口関(尾車部屋)今場所も喉の不調で出場数が減少して思うように試合を運ぶ事が出来なかった。その上に新採用した精密
採点機に苦戦を強いられたが、先輩横綱の意地を見せて一時はライバルをリード。しかし千秋楽決戦の欠場で賜杯を逃した。
増田関(カナレイカ部屋)今場所は出場回数を増やすも新採点機の壁に阻まれ32pointと思うように成績が伸びず大関に留まる。
土井関(トワイライト部屋)気合を入れて臨んだ今場所、あの手この手と新採点機に挑んで19.1pointを取得して21回目の大関に。
仁田水美関(まんま部屋)精密採点機で全員が苦戦する中、最高点の95点を出すなど出場1日で15.1pointを取得。またも大関。
浅田関(シスコ部屋)今場所もほれぼれする伸びのある歌声でポイントを重ねて4場所連続の大関の座に就いた。これで11回目。
江田関(カナレイカ部屋)控え目ながらもここぞという時に持てる力を存分に発揮して10.1pointを取得して3度目の関脇になった。
川添関(コブクロ部屋)仕事で疲れているので休憩をしながらのチャレンジ。唄う時は持ち前の明るさを発揮して62回目の関脇に。
脇元関(みなみ部屋)普段はあまり唄わないが今場所はいつもになくハッスルして6.1point取得。自身初めての三役入りを果たす。
矢田関(まんま部屋)歌の数が少なくどうなるかと危ぶまれたがギリギリの6pointを取得。2場所連続、14回目の関脇の座に就く。
今場所は横綱2、大関4、関脇4、小結5、前頭16の計31名。
部屋数:肴laboまんまが共に5名で同率1位、MDKが3名で3位。
(東)弥生場所ワンダー番付表 (西) R2年2月1日〜29日 
日生下安弘
増田峯子
仁田水美里
江田邦弘
今長冷子
浅田健三
丸山順一
野田健一
石村英祐
田中千夏子
宮良翔吾
仁田水恵美子
寺本博
澤田真也
一柳寛
岡野由布子
浅川隆
北原純子
コブクロ
カナレイカ
まんま
カナレイカ
まんま
シスコ
まんま
大国町
トンボ
トンボ
トンボ
まんま
西研
そぞろ
トンボ
トンボ」
浅風呂
チェリー
横綱
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
溝口浩
土井秀紀

川添美智子

宗和雅之
矢田裕子
鬼木和貴
今井潤
壷阪恭平
中村幸子
古川翔一
内藤毅
関口裕之
上田泰之
今井ふみよし
山下春代
前田俊美
尾車
トワイライト

コブクロ

格子柄組
まんま
トンボ
トンボ
トンボ
出逢
古川道場
西研
トンボ
トンボ
大甲濱
コロッケ
山本町
日生下関、千秋楽に苦しみつつも粘りに粘って辛うじて逆転、自身初の3連勝!部屋数:トンボ10名で1位まんま5名で2位(3月)
日生下関(コブクロ部屋)出場者全員が昨年末に導入した精密採点機に手こずる今日この頃。千秋楽に不出場の最強ライバル
の残した点数を目標にカウントダウンをしながらチャレンジ。今までの様に大きな点数が出ないので一発逆転が狙えない厳しい
状況に心が折れそうになったが、周囲の応援に自身を奮い立たせて辛うじて1ポイントをオーバー。自身初の3連続優勝を達成。
溝口関(尾車部屋)昨年末からずっと喉の不調を訴えるも、大横綱のプライドに掛けて今場所も常に当番付けを引っ張ってきた。
ライバルと共に新採点機に苦戦するもファイティングスピリットに溢れる戦いで最後まで首位を独走したが千秋楽の欠場で惜敗。
増田関(カナレイカ部屋)無理をせず気負いもなくマイペースで番付にチャレンジして31poin取得し堂々の大関に。これで26回目。
土井関(トワイライト部屋)いつもながらマイナーな曲を駆使してポイントを重ね先場所と同じ19.1pointを取得。22回目の大関GET。
仁田水美関(まんま部屋)けれんみの無い素直で澄んだ歌唱で当機最高点の95点を出すなど19pointを取得、3場所連続大関に。
江田関(カナレイカ部屋)いつも「前頭の下の方で良い」と言いつつ、いざマイクを持つと張り切って10.2pointを取得。4度目の関脇。
川添関(コブクロ部屋)出場回数が少ないながらも持ち前の明るさとチャーミングな人柄を歌唱にのせて挑み64回目の関脇GET。
今長関(まんま部屋)点数を気にする事なく好きな曲を明るく楽しく唄い上げ7pointを取得、昨年7月以来7回目の関脇の座に就く。

今場所は横綱2、大関3、関脇3、小結4、前頭22の計34名。
部屋数:トンボが10名輩出で1位。まんまが5名輩出で2位。
(東)春場所ワンダー番付表 (西)  R2年3月1日〜31日 
溝口浩
日生下安弘
仁田水美里
浅田健三
花田貴大
川添美智子
有満広人
尾上武司
古川翔一
中原田紀香
山崎裕司
仁田水恵美子
井上大輔
澤田真也
梅本貴久
小田ひろみ
北原純子
尾車
コブクロ
まんま
鉄道倶楽部
肴ラボ
コブクロ
肴ラボ
コロナ
古川道場
肴ラボ
大石組
まんま
ギタリスト
ギタリスト
チュキダカラ
チュキダカラ
チェリー
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7

増田峯子
今長冷子
丸山順一
越前壮一
脇元美穂子
宗和雅之
江田邦弘
中原田綾音

倭谷元子
野田健一
亀岡敏明
矢田喜彦
森中俊弥
小森淑子
山田佳実

カナレイカ
まんま
まんま
肴ラボ
みなみ
格子柄組
カナレイカ
肴ラボ

もとこ
大国町
KRF
あま
MDK
女子会
さくら
溝口関、3場所も賜杯から遠ざかっていた憂さを晴らすダントツの成績で王座奪還!部屋数:肴ラボ5名で1位まんま4名で2位(4月)
溝口関(尾車部屋)先場所迄、長い横綱在位の中で自身初の3連敗を喫していたが、大横綱の意地に掛けて今場所は憂さを
晴らすダントツのポイント獲得で王座を奪還した。多くのチャレンジャーが新番付採点機に苦しんでる中で少しコツを掴んだ
のか、新採点機になってから初の3桁台の121pointを叩き出して正横綱の座に就いた。これで82回目の優勝。
日生下関(コブクロ部屋)新型ウイルスの影響で出場回数が減ったのか、今場所は横綱迄わずか2pointに迫ったところで都合
により歌唱を断念。横綱昇進してからは初めて大関に陥落した。
増田関(カナレイカ部屋)気負う事無く確かな歩みで自分らしさを出し26pointを取得。これで3場所連続となる27回目の大関に。
仁田水美関(まんま部屋)今場所は「横綱を狙う」と張り切ったが新型コロナで2回目の出場を断念。24pointで4場所連続大関。
今長関(まんま部屋)1日の出場ながらも得意なレパートリーを駆使して有効点数を連発。初場所以来7回目の大関の座に就く。
浅田関(鉄道倶楽部)今場所も周りの人たちを魅了する甘くて優しい喉を披露して9pointを取得。18度目の関脇の座に就いた。
丸山関(まんま部屋)沢田研二と尾崎紀世彦を合わせた様なロマンス声でコツコツとポイントを重ねて8pointを取得し関脇GET。
花田関(肴ラボ部屋)パワーあふれる歌唱力を駆使してポイントを重ねて7.2pointを取得。初出場ながら関脇の座を射止めた。
越前関(肴ラボ部屋)新型コロナを吹き飛ばす様な勢いのある歌唱で7.1pointを取得。初場所以来となる2回目の関脇になった。
川添関(コブクロ部屋)仕事で疲れているがマイクを持つと元気を取り戻して明るさを振りまき6.2pointを取得。65回目の関脇に。
脇元関みなみ部屋)男性陣を惹きつける様なチャーミングな歌唱で6.1pointを取得。初場所以来となる2回目の関脇の座に就く。
有満関(肴ラボ部屋)初出場ながらフレッシュマンらしく若さ溢れる歌唱で有効ポイントを重ねた。6.1pointを取得して関脇になる。
宗和関(格子柄組)いつもながら周囲の心を惹くハイトーンボイスでポイントを重ね6pointを取得。昨年の8月以来9回目の関脇。

今場所は横綱1、大関4、関脇8、小結7、前頭14の計34名。
部屋数:肴laboが5名輩出で1位、まんまが4名輩出で2位。
(東)文月場所ワンダー番付表 (西) R2年6月1日〜30日 
溝口浩
日生下安弘
増田峯子
今長冷子
花田貴大
川添美智子
大城智恵子
野田健一
有満広人
葭川晃
森中俊弥
伊達千恵子
織田正美
今井ふみよし
冨士登
仁田水恵美子
山田佳実
尾車
コブクロ
カナレイカ
まんま
肴ラボ
コブクロ
ドリーム
大国町
肴ラボ
まき
MDK
ちえ
れんと
大甲濱
冨士
まんま
女子会
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前頭
前2
前3
前4
前5
前6
前7

仁田水美里
丸山順一
宗和雅之
越前壮一

脇元美穂子
矢田裕子
山本富央
中原田紀香
中村幸子
森亜津子
末岡弘子
古川洋子
井上元和
小森淑子
岡田奈津美

まんま
まんま
格子柄組
肴ラボ

みなみ
まんま
千利休
肴ラボ
出逢
あっこ
向日葵

冨士
女子会
なっつ
溝口関、積極的な選曲と堅実な試合運びで終始優勢のまま2連勝果たす!部屋数:まんま5名で1位肴ラボ4名で2位(7月)
新型コロナの影響で店は2か月の休業、それに伴って当番付も史上初の中止を余儀なくされたが、ようやく6月1日に再開!
溝口関(尾車部屋)久しぶりのカラオケ番付に満を持しての参戦。これまでになく積極的な選曲と堅実な試合運びで終始優勢
のまま試合を進める事ができ、 ライバルを大きく引き離して見事2連勝を果たした。ポイントは新採点機になって2度目の3桁
台で102pointの成績を収めて83回目の優勝を果たして104回目の正横綱の座に就いた。
日生下関(コブクロ部屋)体調がすぐれず今場所は休場かと思われたが、終盤になんとか出場。持病のぜんそくを気にしなが
ら2か月ぶりの歌唱。不安の中、思ったよりも良い点が出たので頑張って19.2pointを叩き出した。あと1日出場すれば横綱は
確実だが、体調も考えて大関に留まった。
仁田水美関(まんま部屋)年配の方が多い中、みずみずしく咲く花の様に生き生きと歌い上げて14.2point取得。またも大関に。
増田関(カナレイカ部屋)今場所は出場回数が半減、高得点を出すなど頑張るも11pointで大関に僅かに届かず無念の関脇。
丸山関(まんま部屋)心の引き出しをそっと開ける懐かしい曲の数々。それに合わせて渋い喉を披露して9回目の関脇になる。
今長関(まんま部屋)相変わらず明るく楽しく好きな曲を唄い高得点を連発。しかし店の早じまいで歌唱数が減少し関脇止まり。
宗和関(格子柄組毎回、居合わせたお客さんのハートをとりこにする歌唱でポイントを重ねて10回目となる関脇の座に就いた。
花田関(肴ラボ部屋)持ち前の明るさで得意の曲を歌い上げ高得点を連発し7.2pointを取得。初出場の先場所に続いて関脇に。
越前関(肴ラボ部屋)3度目の出場だが毎回、はつらつと歌い上げて好成績を残した。7.2pointを取得。3回目の関脇になった。
川添関(コブクロ部屋)やさしいこころがそのまま歌唱に表れ周囲を癒してくれる。そんな中、6.1pointを取得し66回目の関脇に。

今場所は横綱1、大関2、関脇7、小結2、前頭20の計32名。
部屋数:まんまが5名輩出で1位、肴laboが4名輩出で2位。
BACK NEXT
Tigersトップページ カラオケコーナー・トップに戻る 愛netコミュニティ