(ひとみ)をとじて


 いつも何気(なにげ)見過(みすご)してた
 いつもの道の(さくら)の木
 (かぜ)に吹かれてざわめいて
 初めて気づく朽葉色(くちぎいろ)
 夏に茂ってた(みどり)木々(きぎ)
 秋色(あきいろ)になり枯れていく
 そんな時季(じき)切なくなり人恋しくなる
 そんな時 (ひとみ)をとじて君をしのべば
 優しい笑顔(えがお)(いや)してくれる
 
 君と遊んだ小公園(しょうこうえん)
 思いにふけって(たたず)まう
 ()み切った空に冷たい風
 (とり)のさえずりそよぐ木々(きぎ)
 暑く(さわ)がしい夏は過ぎ去って
 なぜか(わび)しい冬隣(ふゆどなり)
 そんな日の (しず)かな夜には気持ちが折れる
 そんな時 (ひとみ)をとじて耳を澄ませば
 君の歌声(うたごえ)(ぬく)めてくれる

 ※朽葉色=くすんだ赤みがかった黄色
 ※冬隣=冬の近づいた気配が感じられる晩秋







●back

●hitomi-top

●next

MYホームページ 愛netコミュニティ




>ML>