hitomi's poem

hitomiの詩 part84 
家族旅行

今日は冬休みの家族旅行
赤いジャンバーに紺のズボン
娘は寒さを気にせずはしゃいでる
いつも私の運転でドライブ旅行
雪道はスノータイヤに履き替えて
安全を期してハンドル握る
寒風吹きすさぶ冬の道
白一色の景色に引き込まれそう
雑踏の都会から逃避して
目指すは福井、東尋坊
日本海、波高く荒れる海

海鳴りの音が響く海辺の旅館
お風呂につかって冷えた体を暖める
ほどよい湯加減に気分はゆったり
外は寒いが心はポカポカ、疲れを癒してくれる
早朝の日の出前に朝もやの海岸を散策
幻想的な風景に寒さも忘れて見入った
家族だけでの小旅行、家族の絆を更に深めた


その日は夏休みの家族旅行
白いワンピースに麦わら帽子
娘のハートはワクワク躍ってる
いつも私の運転でドライブ旅行
トランクに思いの品を詰め込んで
思い出作りにハンドル握る
緑のトンネルを走り抜け
ワインディングロードに心が揺れる
蒸し暑い都会から逃避して
目指すは避暑地の高野山
車内には終始笑いがあふれる

清々しい風が吹き抜ける山あいの宿
エアコン要らずの部屋で気分は爽快
縁側からの庭園は趣があり落ち着く
美味しい料理を頂いて、よい風呂に入る
そしてピンポンをして楽しいひと時
私たち家族は幸せな思い出を刻んだ
家族だけでの小旅行、家族の絆を更に深めた









●back

●hitomi-top

●next

MYホームページ 愛netコミュニティ




>ML>