セブンティウイザン


 緊急事態宣言で休業をして以来のお客さんが来た。

 客G「マスター、久しぶりやなあ」
 私 「4月の初めに来て以来やから2か月ぶりやなあ」
 客G「休業中、何をしてたん?」
 私 「俺はブログや動画の発信で忙しいしてたで」
 客G「嘘つきなや。ホンマはママと仲良うしてたんと違うのん?」
 私 「分かる?十月十日(トツキトオカ)後を楽しみにしててや」
 客G「そこまでは言うてない。年寄り夫婦にそんなんある訳無いやん」
 私 「いや、この間テレビで放送してたけど『セブンティウイザン』てあるで」
 客G「70歳の初産てか?それはドラマの話やろ」
 私 「もし子供が出来たら、ママはオッパイをやられへんなあ」
 客G「確かにママはペチャパイやからなア」
 私 「赤ちゃんの方がオッパイが大きかったりして」
 客G「どんなオッパイやねん。大げさな」
 私 「その子が成人した時、俺は92歳になるなあ」
 客G「かなりキツイなあ」
 私 「もう、幼稚園から介護の英才教育をしてもらわなあかんなア」
 客G「介護の英才教育て無いわ」
 私 「仕方がない、嫁さんに出産を諦めさせよ」
 客G「ママに出産を諦めさせよて、その前に妊娠もしてないやん」
 私 「あ、そうやった。俺とこ15年ぐらいアッチの方が無かったわ」
 客G「全然無い話をどこまで膨らませるねん!」
 私 「お腹を膨らませる事が出けへんから、話を膨らませたんや」
 客G「マスターの屁理屈には負けるわ」

 謎かけ:セブンティウイザンとかけて、会社で要領の良い人を見習うと解く。どちらも(出生の高齢・出世の好例)です

 

●ESSAY-top  STAY HOME ●HITOMI-top